Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tatehaya.blog48.fc2.com/tb.php/92-aa32dbad

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

おとうさんの庭


原題は the Animal Hedge
ポール・フライシュマン 文
バグラム・イバトウリーン 絵
藤本 朝巳 訳
岩波書店

自分がいったいどんな職業にむいているのか それはとてもおおきな問題だ。中世なら きっと農民の子は農民だろうし 鍛冶やの子は鍛冶やだろう しかし今 人はどんなことでもできそうな 一見自由な宙づりのなかにある。
ひとがなんらかの職につくのは 偶然の場合がおおいと パスカルはいっている。

内容は 音楽でいえば 三部形式 最初に 家族が動物にかこまれて幸せだったときがえがかれ 次に雨が降らず動物も家も失う貧しく悲しい時がえがかれる 

家をかこむ 生け垣がなににみえるのか それが現れたとき こどもたちは 自分がなにをすべきかをさとることになる それが馬車にみえた兄は 生け垣を馬車のすがたにかりとった・

最後にこどもたちは動物のかたちに生け垣をかった父に本当の生きた動物をおくり届ける

秋は始まって 栗をひろうのだが それが 美しい鉄秞にみえるあいだ 自分は焼きものやだと思っている
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tatehaya.blog48.fc2.com/tb.php/92-aa32dbad

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

さいがま

Author:さいがま
  たては屋
愛媛県大洲市柴甲316番地
柴窯 たてはやweb

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。