FC2ブログ

名を知る



名前を知る前までこの世に存在していなかったように名を与えられた鳥は木にとまり花が咲いていることを発見する 月という天体は月という名前 いや名前をもつ以前にも存在はしていた
ただそのように世界は明け開かれる。この福寿草もそう。蝋のような光沢をもった黄色いはなをひくいところに咲かせている なを与えられたものは場所をもつだから 春になれば帰ってきたものとして私はみつける
名を知るに対して 名を検索するとは何か。 私の全歴史を通じてみつけた名前を目の前のひとが検索して知るにいたる。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

saigama

Author:saigama
  柴窯
愛媛県大洲市柴甲316番地
柴窯 たてはやweb

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム