Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tatehaya.blog48.fc2.com/tb.php/151-a2fe685b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

贈り物

ものが自分に現前するには 大きくわけて 買う か 贈られるかである
みずから 生み出すというのも あるが 基本的に 自然からの贈り物である

年も暮れて 貧しさがどうしても感じられると いつも 傘地蔵の話をおもいだす
売り買いが どうしても うまくいかない 生活の中に 少しずつそれが浸透してきた時代の
神話だとおもわれる。
おじいさんも おばあさんも いいひとだ
だから かれらは 祝福され 富が 届けられる

しかし このわたしに なにかが届けられることはない

ものが自分に現前するには 大きくわけて 買う か 贈られるかである
売り買いなしで ものが 現前するなら 国家は 崩壊しかないだろう

自慢ではないが ギターを買ったことがない
それは どこからかの
贈り物だ

ひとはうまれて ものごころがついた瞬間
このからだが 贈り物のように 感じる
まるで 親よりも はるか以前から 存在していたかのように
贈られたこのからだを 気に入らなかったり
なんでもなれるかのように おもってしまう

30年前も 今も 贈り物の からだをまえに
じぶんが どこからきたのか わからない
多分 ずっと わからない

地蔵様に 傘をかけてあげたいので

ゆき が ふってほしい

このぽけっとの なかまで
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tatehaya.blog48.fc2.com/tb.php/151-a2fe685b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

さいがま

Author:さいがま
  たては屋
愛媛県大洲市柴甲316番地
柴窯 たてはやweb

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。