FC2ブログ

芋ほり
五月にうえたサツマイモをほる
上部は山羊の食料 下部つまり いもは人が食べる
なんとも小さいいもばかり あんな立派ないもをつくっていたばあちゃんは
やっぱり 偉いとおもう世界中わたしのような農民ばかりだったら人類は飢えるにちがいない
ひとびとが快適な工業製品をもつことができるのは 食料が安いからで
食料が安いということはそれにかかわる労働の価値が低いというということである
大地のなかから 有るものとしての存在を とりだす 明るみ 世界のなかにとりだす
ことを業としてきた者の息子としては それは認められない
--------------------------------------------------------



そんなにかたく両手を握りしめていては
ばあちゃん 鍬も箸もさわれない
横たわり
むすばれた手は高く聳える峻厳なやまのよう
おなじ座標のなかにいなくなったわたしには
たずねることも のぼることもできない
ひとつの塔
シャガールの絵のなかにたくさんある
ひとではなく ものにそえられた手
ひとはいきているかぎり
世界にふれることができる
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

saigama

Author:saigama
  柴窯
愛媛県大洲市柴甲316番地
柴窯 たてはやweb

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム