FC2ブログ

土の歌2


 
家のまわりに草がふえてきたので よそでとるのはやめる
川すじにうまれたので どうしても 川には郷愁がある
中学か高校のとき むこうまで あるいていけそうなので わたろうとしたら 溺れかけてしまった
いま いきてはいる
ここを むかし 帆掛け船がいききしていたのである
よかっただろうな とおもう
河口のまちは 材木の集積地で木 多分松の木の 発酵したような匂いがしていた
中学時代 その香りのなかに いた
まきをあつめるとき 同じ匂いがして なみだが あふれてくる

きょうは 白髪頭の 田舎ものは いもの なえをうえた
あつかった

DSCN2759.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

saigama

Author:saigama
  柴窯
愛媛県大洲市柴甲316番地
柴窯 たてはやweb

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム