Entries

スポンサーサイト

栗ひろい

今年も あっという間に 栗の季節山道を 網つきの帽子 をかぶって出発気を付けないと いつも 気を付けないのでシャーロットの洗礼をうけるアマゾンの宅配のトラックもとおらないこの山道を しかし ミツバチはとびかうたくさんの 栗を けものに とられないようにと たくさんとろう などとおもってはいけない太陽は人にだけ照っているのではないのでほどほどに 残すさや から でた栗の実の美しさドイツの農民哲学者な...

シャーロットの贈り物

5年ぶりくらいにみた こがねぐも くもといえば こがねぐもだったが 最近ほとんど みかけないどこえいっても じょろうぐも ばかりである。この本 こどもの読書感想文の本 原題はシャーロット ウェブWEB というのは 蜘蛛の巣のことかと しるにいたるくもの シャーロットがWEBのなかに 文字をかいて 豚をたすける と言うお話。こどもはとてもおもしろかったようだ。わたしが シャーロットなら WEBのなかに なに...

ユリの花が咲くように

というキルケゴールの著作 はまだ読んではない。庭のゆりの花が 散ってしまった 寂しい聖書に精通していないと理解が難しい 彼の著書のなかで好きな言葉は失意の底にあっても かれには 人間にとって最高の仕事が残されている。という。ただし哲学者なのでお金を稼ぐのが仕事だとはいっていない。それはひとを愛することだというもの。もちろん哲学者なので その「ひと」は 家族でも 友人でも 恋人でもない 他者である。...

Appendix

プロフィール

さいがま

Author:さいがま
  たては屋
愛媛県大洲市柴甲316番地
柴窯 たてはやweb

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。