Latest Entries

ありがとうございました。

13日 中林淳眞ギターコンサート 無事終了しました
きていただいた皆様 応援してくださった皆様 そして なにより 中林淳眞先生
ありがとうございました。いまは うつくしい 野バラのまえで 緑色の手紙を読んでいます。

いよいよ明日は 中林淳眞ギターコンサート です

あっという間に 5月 いとしい野バラが 川沿いに満開です
さて あすは いよいよ 中林淳眞さんのコンサート きっと 心にのこる時間になると思います
席は十分余裕があります ぜひ 来て下さい
あいたいです

山羊はなんとか 立てるようにはなりましたが ケガをしたところが急に膿んで きのう切開してだしました
今日から自分で洗浄します 怖いですがやります。

1927年

中林淳眞さんが生まれたのは1927年 昭和2年 これは弟子入りした先生と同じ年の生まれ。ということは先生が生きていたなら90歳ということになる。生きていてほしかった。世界が戦争後再びたてなおされるその時間とともに青春も壮年もあった。このわたしはその時生まれなかったのが少し寂しい。先生、 ざっくばらんをザックラバンという子どもの中学の教師にあってすごくうれしかったです。私も90まで生きて中林さんのように背筋をのばし 大きくたっていたいです。

中林淳眞ギターコンサートまで31日



なにものかに襲われけがをして 立てなくなった 山羊 ひとつきもすぎ食欲は もどったけどあいかわらず立てない山羊こういう方法もありかと コンテナをおなかの下にいれると丁度いいサイズ とにかくたたせることが 大事かと。

むかしの テレビで観たのだけど チャリティーで全国を ベニーテスさんと二人でまわった中林淳眞さん田植の一休みにすわってマラゲーニャを弾かれていました。印象にのこったのは 鹿児島で三線を弾く老婆を訪ねたときのこと 演奏をきいてベニーテスはバリオスのようだといいました。バリオスがどういう人だったかわかったような気がしました。バリオスがパラグアイの旋律を弾いたように 中林淳眞さんは 六段を弾きます 半世紀をすぎても 新鮮さを失っていないと思います。 あと31日です。

中林淳眞 ギターコンサート 2019年 5月13日

nakabayasi3.jpg

1927年生まれの クラッシックギタリスト 中林淳眞さんの コンサートがきまりました
たては屋主催です
5月13日 午後7時からです 開場は 6時40分
場所は 大洲市総合福祉センター 4階 多目的ホールです
当日は マイク使いません ギターの生きた 響きそのものを 肌で感じてください
沢山のかたの ご来場を お待ちしています。

先日 先生に レッスンをしていただきました。 人にものを教わるのは 19の歳に弟子入りしたとき以来です
左手が 才気ばしった 都会の青年とすれば 右手は 素樸で力強い農民という感じ
自分は ずっと左手で 弾いてきたなと反省しました 右手の指でしっかりはじくこと つかみことを教わりました
血が出るのではないかと 少ししんぱいでした  ものづくりに共通する たいせつななにかを教わりました。

Appendix

プロフィール

さいがま

Author:さいがま
  たては屋
愛媛県大洲市柴甲316番地
柴窯 たてはやweb

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる