FC2ブログ

荒地土器化計画>壺>手紙



新石器時代 土器が生まれて以来 灰が発生する場所 竃 かま 煮炊きする壺はこの世と 向こう側の世界をつなぐ
特別な場所だったという説がある。亡骸を壺に入れて埋葬したのは 壺の中に あの世へと通じる 道があったからだと。

梅雨時 簡易な方法で 壺を焼く この壺に手紙をいれれば むこうの世界にいる あなたに届く きっと

KIMG0044.jpg

スポンサーサイト

荒地土器化計画>磨く

磨くというのは つまり こする
「触れる」よりも すこし 外の世界に対して 積極的行為である
叩けば 対象は 変形する
土が乾いてゆくということは 変形しにくくなってゆくこと
完全に乾いてしまえば 磨くタイミングとしては おそい
湿度がまだあり なおかつ 固い状態
冷たい 壺をひきよせ
そこで 彼女は磨く
世界にむかって 手を差しのべる

荒地土器化計画>シンデレラ



KIMG0031.jpg

究極に不細工なものが 灰の彼方からやってきて 幸せを届けてくれるという妄想
土器の人間国宝は ちょっと想像できない
どうやっても かっこうのつけようのない土朴性があって
それが また 土器の 未来性なのだと 思う

荒地 > 土器化計画> 鶏



もう1月以上もお腹であたためている雌鶏。10年以上まえから 一時は30羽近くまでいたけど今は 3羽。黒と白と茶
肥満の雄鶏はおそらく肥満のためについこのまえ あの世にいっている。おそらく1年あたためても その卵から雛はうまれないだろう
しかし 頑として 彼女は動かず 全身で 抵抗する。


ここまできて そういえば 屋根裏で 外に出るのはいやだと いう彼女
そうなのか おまえは 卵を あたためているのかもしれない。
その 卵 からは きっと なにかが 生まれる。

荒地 > 土器化計画> 均一性

IMG_0005.jpg




砂目は そのまま天日干し  粘りのあるつちは 水に溶かし20目に通す 紫と思った土は水にとかせば緑がかった黄土色これぞどろ という色。水にとかせば あの部分とこの部分の差がなくなる 均一化 画一化 僕は交換可能性といっている。
焼き物そのものとしての魅力は何かと聞かれれば この 均一性と とくに かたち 造形における 個別性 肉体性との 絶妙な一体化だとおもう。

プロフィール

saigama

Author:saigama
  柴窯
愛媛県大洲市柴甲316番地
柴窯 たてはやweb

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム